2018年7月号 ハロー通信より

公開日:

カテゴリー: ハロー通信 | 社長ハロー通信  タグ:  | | | | | | | | | |


社長の田嶋崇之です

「お気軽なお出かけ先」

 ついに、と言うかやはり今年も半分が過ぎてしまいました。おかげさまで仕事は忙しく、忙しいのはありがたいのですが、ボーっと、のんびり過ごすのが好きな私にとっては、この1ヶ月もてんてこ舞いに過ぎてしまいました。今月のネタは夏なのでお気軽に出かける行き先を書いてみたいと思います。

 つい先日、久しぶりに平塚の湘南平へ行ってきました。小学校の遠足で行った気がして、神奈川県民であれば定番のデートスポットですが、あいにく私は昔、職場の仲間と夜通しドライブして最後にたどり着いたのが朝日昇る湘南平だった、くらいの思い出しかありません。でも小田原からだと西湘バイパスを快適にドライブして1時間しないで行けるので、休日の夕方とか中途半端に時間が余って、どこかに出かけるには時間がないみたいなときにお勧めの場所です。夕方で空は雲が多かったですが、雲間からさす夕日と360度のパノラマが絶景で、このまま暗くなるまで居れば夜景がきれいなのでしょうが、その時間帯はカップルでないと居心地が悪いのが難点ですね。

 近場でちょっと時間が空いたときに行ける景色の良いところだと山北の大野山牧場もお勧めです。こちらも車でほぼ頂上まで行くことができますが、湘南平ほど観光地化されていないので、いつ行ってもカップルはおろか誰も居ないのが良いところ?です。標高が湘南平などよりだいぶ高く、足柄平野全体を見下ろせて、私たちが住む街がまるでジオラマのように見渡すことができます。

 サクッと行ける絶景ポイントで外せないのが芦ノ湖スカイラインの展望台です。いくつか展望エリアがあるのですが、どこも目の前に富士山がドーンと望めて、海外からのお客様などは特に喜ぶのではないかと思うスポットです。ここも小田原から箱根新道で駆け上がると1時間もかからずにたどり着きます。とても簡単にいけるのですが、オーストラリアで言えばエアーズロックのような世界有数の絶景が身近にあるのだから、本当に私たちが住むエリアは良いところだなぁと思います。芦ノ湖スカイラインから御殿場方面に降りる途中、乙女峠の中腹にある「富士八景の湯」も御殿場の街と富士山が一望でお勧めです。

 海沿いを東に進み江ノ島などは近くて簡単に行けるスポットですが、さらに先、三浦半島の先端、城ヶ島も先日行ったらなかなかよかったです。このときは友人たちと横浜から京急の「みさきまぐろきっぷ」で行ったのですが、これがかなりお得な切符でお勧めです。三崎まで電車の往復切符にバスのフリー乗車券、まぐろ料理が食べられるチケットに、日帰り温泉などが利用できるチケットまでついて横浜から大人3400円です。行くとわかりますが必ず元は取れます。

他にも真鶴半島や石廊崎、御前崎だとか、ほったらかし温泉だとか、お勧めポイントはたくさんありますが、基本的に先っぽや高いところが好きなのだなぁと書いていて思いました。またどこかへ出かけたくなりました。