2018年9月号 ハロー通信より 「食欲の秋のお話」

公開日:

カテゴリー: ハロー通信 | 社長ハロー通信  タグ:  | | | | | | | | | |


社長の田嶋崇之です

もう9月になります。今年は例年になく暑いので、まだまだ「暑さのピークが過ぎた」とは言い難いですが、それでも明け方、空が明るくなる時間が遅くなり、また夕方の日暮れてくる時間が早まって季節の移ろいを感じます。買い物をしていると何気にハロウィンのポップを見かけたりコンビニでおでんを売り始めたりしていて、自分も商売人でありながらあまりの商売熱心ぶりにちょっとウンザリしてしまいます。毎年このあたりから一気に駆け抜けて、12月生まれの私はまた1つ歳を重ねるのかと思うと更にウンザリしてしまいます。それでも時間は前に向かって進むので、前を向いて歩いて行きたいと思います。

 

 秋は食欲の季節で、これから様々な食べ物がおいしい季節を迎えますが、私はすでに体重が増えて危機感を感じています。例年、夏はそうめんとスイカをやたらと食べて体重はそれほど増えないのですが、今年はあまりそれらを食べた記憶がなく、逆にもっと栄養のある食べ物を食べ過ぎたのかもしれません。記憶をたどると、牡蠣のおいしいお店に行って、たらふく食べてしまいました。

 

下北沢にジャックポットと言うお店があってよく行くのですが、ここは18時半まで牡蠣のハッピーアワー

をやっていて通常1個400円くらいの牡蠣が半額で食べられます。10個頼めば2千円くらいになってしまうのですが、時々無性に食べたくなるのです。お酒のハッピーアワーはよくありますが、牡蠣のハッピーアワーって牡蠣好きにはとてもたまらない響きで、思わず足が向いてしまいます。

 

 

 

 

 更に先日行ってしまったのが上野のアメ横付近の酒場で、もちろん休みの日ですが明るいうちから飲んでしまいました。この付近にはいわゆる「せんべろ」と言って、千円でべろべろに酔える大衆酒場がたくさんあります。実際には千円だと「べろべろ」まで行かないですが「べろ」くらいまでは酔えます。私が行ったお店はハムカツが190円とか生ビールやサワーが380円とかですが、他にもモツ煮とかホルモン焼きとかあって、この原稿、締め切り間際の朝一番で書いているのですが、もう飲みに行きたくなりました。最近ユーチューブでせんべろ動画とか言ってやたらお勧めに出てくるのですが、上野よりも小岩とか赤羽がメッカらしく、昼間っから酔っ払っているダメな人が沢山いるみたいなので、近いうちに調査に行き来たいと思います。

 こんな自堕落な夏を過ごしたので、お風呂に入って鏡を見ると、おなかの周りがポンデリングみたいになってきました。さわるとモチモチして良い感触なのですが、これじゃまずいので普段の食事ではキャベツの千切りとかキュウリで空腹を充たして、炭水化物を少なめにしています。でも我慢しすぎると無性に炭水化物を食べたくなって、ラーメン・ライスとかチャーハンに焼きそばとか、炭水化物フェスティバルを開催したくなります。

 

 やはり食べたいものはたくさん食べて、その分、運動をすれば良いのだと、こうやって文章を書いていると再確認できます。でもそれって理屈はそうだけど、人間だから欲に流されて・・・。とりあえずこの秋は上野の美術館で美術鑑賞でもして、その足で軽く飲んで行きたいと思います。